月別: 2017年4月

中年のおっさんである私意外な人から言われて嬉しかった薄毛のこと

中年のおっさんである私が、久しぶりに髪を切りました。自分なりに、イメージも変わったと思っていました。でも、周りの人にとってはどうでもいいことなのか、ほとんどの人から何も言われませんでした。でも、意外な人から言われたことが、以外に嬉しかったです。
本当に長い間、髪を切りませんでした。はっきりした事はわかりませんが、半年位になるのではないでしょうか。そんなんですから、それほど、毎日髪型を気にしているタイプではありません。もっとも、自分では、まあまあ、イケてる方だと思っていますが。それはともかく、ほとんどロン毛になっていたのを、刈り上げとまではいかないですが、耳にも掛からないほど、短く切ったので、だいぶ見た目の印象が変わったと思っています。しかし、周りのほとんどの人が、髪を切ったことに触れることはなく、家族ですら、髪を切ったことを何も言ってきませんでした。自分から話しかけるのも、嫌なので、黙っていました。もちろん、若くなったねとか、すっきりしたねとか言ってくれる人も少しですがいました。一方で、もっと伸ばして欲しかったなぁとか言う人もいましたが。こんなに伸びた髪を短くしたので、もっと色々と言われると思ってたのですが、少しがっかりです。自分なりには、すっきりとして、男前になったと思っていたのですが。やっぱりたいしたルックスでは無いのでしょう。
そんな中、隣のおばあさんに家の前で出会いました。いつものように挨拶した後に、おばあさんが私の方を少し不思議そうな顔して見つめていました。そのおばあさんとは、挨拶はしますが、それほど会話することもない関係です。少しして、そんなおばさんが私に向かって、若くなりましたよね、かっこいいですよね、と言ってくれたんです。そんなことを言われるとは夢にも思ってなく、言われた時は、口が開いていたんではないでしょうか。少しして、ありがとうございます、と言い返すので精一杯でした。すぐに、お互い家に帰っていったのですが、なんだかすごく嬉しい気がしてきました。もちろん、会社の若い女の子にかっこよくなりましたねとか言われるのも、嬉しいことでしょう、でもそんなのは、お世辞でしょう。もちろん、実際言われてもいませんし。それが、思いもよらない人から、思いもよらないようなタイミングで言われると、結構嬉しいものです。お世辞を言う必要のない人から言われたのです。思い出すたびに、嬉しくて、笑顔になってしまいました。
髪を切って、本当に、よかったです。とゆうか、もっと頻繁に、カットに行くべきでしょう。次は、3ヶ月後位に行こうかな。

今では白髪染めのお世話になっていますが

おぎゃーと生まれたときにはとても髪の毛が少なくて、母やおばあちゃんはこの子は将来どうなるのだろうかと、とっても心配してくれたということを後になって知りました。
本人は赤ちゃんの時は当然ながら薄毛だということにはまったく関心もなく、気にもしていませんでした。
おばあちゃんは漢方薬で薄毛を改善できるというものを探し出してきて、頭につけてくれていたらしいというのも後になって知ったことでした。
おばあちゃんが見つけてきたその漢方薬が効いたのか、私の頭は地肌が見えていた赤ちゃん時代からどんどん改善されていったようで、幼稚園に入るころにはすっかり頭は黒くなっていました。
つまり地肌が見えるということはなくなり、一般の子供と同じようにさらりとした黒髪には天使の輪ができるくらいになっていました。
おばあちゃんのお陰で薄かった頭髪はすっかり増えていき、だんだんと増えすぎて困ったりすることができたのでした。
増えすぎた髪の毛は洗う時には人一倍手間がかかるのでした。
洗うのも簡単ではありません。
さらに洗った髪を乾かすときにはもっとたいへんでした。
ドライヤーで乾かすのですが、なかなか乾かなくて時間がかかります。
ドライヤーを持つ手が重さで疲れてしまうという感じです。
年頃になってヘアーサロンでパーマをかけたときのことです。
多い髪はパーマでボリュームがでてしまって収拾がつかないぞという状態になってしまったのです。
たぶん上手なヘアースタイリストであれば、そんな髪の場合にはその髪に合った方法やまとめ方ができたのでしょうが、残念なことに私が行ったのは田舎の美容室でした。
せっかくあこがれのパーマを当てたのに、がっかりして美容室に行ったことを後悔しながら帰宅したのでした。
出産を経験して髪の毛が少なくなるという嬉しい発見をしました。
髪の毛が少なめの人にとっては出産は髪が抜けるというショックがあるそうですが、髪が多めの人にとっては自然に全体が間引かれるということでむしろ嬉しいことです。
子供には私の髪に関するDNAは遺伝していなかったようで、生まれた赤ちゃんはごく普通の感じの髪の子供でした。
やれやれでありました。
こどもがだんだん大きくなってくると私の心配は白髪になってきました。
最初は抜いていたのですが、だんだん増えてきて今や白髪染めをしています。
これからはいつ白髪染めをやめるのかが課題となっています。
白髪染めをやめても美しい白髪になってほしいと思っています。