月別: 2017年6月

晴れの日をハゲの日にしないために

若い時から薄毛で悩んでいました、懸命の延命処置でなんとか40代まで髪の毛が残っている状態まで保ってきましたが、この頃髪を洗ったときの髪の毛の抜ける量がやけに多く感じます。ダイエットのせいで栄養が髪の毛に行きわたっていないのかとても心配であります。元来我が家はハゲ家系であるので覚悟はしてきたつもりですが、いざ地肌が目立つようになってくるとそうも言ってられないので必死に頭のマッサージや髪にダメージを与えないように帽子をかぶらないようにしていました。育毛剤などの使用も考えましたが、親戚が育毛剤によってみるみるうちにハゲたのを見て危険と判断し、何もつけずに頑張ろうと決意しました。しかし日が経つにつれ地肌の面積は広がりを見せ、通常では隠せない状況になってきました。そんなある日、私の甥っ子が結婚式を挙げることになりました。小さいころから可愛がってきた甥っ子ですからそれは嬉しい事です。しかし甥っ子にとって晴れの日ではありますが、私も親戚紹介などである意味晴れの日であります。いくらハゲ家系とはいえ、紹介されたみんながハゲのオンパレードだと相手のご家族がどれほど心配になるか(将来子供が出来てその子もハゲるのではという心配)。兄と相談しなんとかこの晴れの日をハゲの日にしないようにと、話題にあった頭に粉をふりかける某商品を試すことにしました。最初にふりかけたところうまくいかず額全体にかかってしまい額がないような妙な髪型になってしまい、もう一度やり直し。今度は妻に頭頂部めがけてふってもらいました。するとなんと驚くことに髪の毛がびっしりとあるように見えるのです。これは凄いと感動し大量にふりかけ最後にスプレーでがっちり固めました。これで準備万端と結婚式に臨みました。しかし見慣れていない人たちからするとその頭は異様に見えるようで、あちこちからヒソヒソと笑い声が聞こえるのです。しかし甥っ子の晴れの日ですので、何とかこの場をしのごうとしていたとき異変が起きたのです。ふりかけた量が多かったのか、スプレーで固めすぎたのかわかりませんが、頭の汗腺が塞がったようで、頭全体が暑くてたまらないのです。顔には大量の汗が出て来てとても耐えられる状態ではなくなってしまったのです。朦朧とする中、すぐに頭を洗い流しました。結局最後は、薄い髪の毛の状態で披露宴の最後を迎えることになってしまったのです。その私の変貌ぶりに周囲のとてもいたたまれない雰囲気を実感してしまいました。せっかくの晴れの日がとんだハゲの日になった苦い経験です。

やっぱり気になる・・主婦、小さな薄毛とハゲに振り回される

10年以上前ですが、円形脱毛症になったことがあります。娘たちが少し大きくなって、育児は楽になりましたが、今度はPTAの役員などが回ってくるようになりました。初めての役員は会社員とはまた違った緊張感がありました。そんな生活が始まって半年後に実家の父が亡くなり、次には夫が職場で怪我をして一ヶ月入院するなど、立て続けに事件(あくまでも私にとっては、ですが)が起こりました。するとまず、頭が痒くなったのです。今までに無かったことでした。次にフケが出るようになりました。掻くのを我慢しても、留まること無くフケが出ます。いつも家族に肩のフケを払われる有様でした。細かなフケですし、乾燥しているのかな、とのんきに構えていました。この時点で私にストレスが溜まっている自覚は無かったのです。
髪の毛をカットしてもらうために、いつもの理髪店に行った時も、フケが出ることを私が言ったところ、じゃあフケ専用ションプーを使いましょう、と言われただけでした。実はその時に既に私の頭には500円玉程度のハゲが出来ていたのだそうです。この理髪店を営むご夫婦は娘の同級生のご両親でもあり、私に気を使って円形脱毛症のことは言わなかったそうです。気にすると治りが遅いと思って・・とのことでした。
ですが、それから数日後に私は何気なく自分の後頭部を触った時に、気付いてしまいました。手触りが一部分だけ違うのです。ツルッとして引っかかりが無いのです。びっくりして、合わせ鏡で後頭部を映すと、500円玉程度の大きさの綺麗な丸い形のハゲがありました。その時夫は入院中でしたので、娘たちにも見てもらいました。娘たちは口々に、やっぱりハゲがある、それも10円じゃ無いよ、500円ハゲだ、と大きな声で遠慮なく言いました。
私はハゲが出来てショックを感じるよりも、ただびっくりしました。近頃色々あるけど、胃が痛くなることも無いし良かった、などと思っていたからです。自分も若い頃よりは経験を積んで、打たれ強くなったのかな、と妙に自信まで持っていました。私は若い頃からちょっとストレスがあると、すぐに胃腸の具合が悪くなり、食欲も無くなっていたからです。当時、胃腸の不調を感じることは殆どありませんでした。
円形脱毛症だと言ってもその時にはもう、頭の痒みも収まっていましたし、別に痛いわけでもありません。禿げている部分はちょうど髪の毛が覆いかぶさっていて、かき分けなければ外からは見えません。だからしばらく放って置きました。実家の母にそのことを世間話のついでに話した所、母は医者に言ったほうが良いのではないか、と言います。放って置いて悪化したらどうする、と言うのです。髪の毛だけではなく、眉毛、まつげに至るまで全て抜けてしまった人を知っているのだそうです。とりあえず近所のかかりつけの医院に行けば、どこで治療すれば良いか相談に乗ってくれるから、と母は熱心に私に勧めました。
その勧めで私は近所の医院に相談する気になりました。内科医でしたが、薬を出してくれました。飲み薬と塗り薬の両方が処方されました。どちらも血行を良くする作用があったように記憶しています。薬を使いだして三ヶ月くらい経った頃、自分でも忘れた頃に禿げていた部分に短い毛がびっしりと生えているのに気が付きました。その時以来、円形脱毛症は再発していません。今までストレスが全く無かった訳では無いと思います。医者に行くことを勧めてくれた母が病気のために急死したり、娘がせっかく入学した学校を辞めたりと色々ありましたから。
あの時の500円ハゲは私のストレスを小さな身体?で精一杯受け止めてくれていたのかも知れません。夫の入院中も初めて女性だけの家になってしまい、物騒だと感じたことも度々でした。けれど私は娘たちを不安にすること無く乗り切ったと今も自信を持っています。また髪の毛の大事さも分かりました。やっぱり一部分だけ有るはずのものが無いと気になります。今年52歳の私ですが、白髪だってくせ毛だって、生えているだけで感謝です.
頭が痒くてボリボリ掻いているあなた、ストレスは溜まっていませんか。気を付けて下さいね。

私は20代後半くらいから40代に入った私の髪型について

私は20代後半くらいから40代に入った今まで、基本的にはボブ~ミディアムのパーマスタイルをしていることが多いです。
何ヶ月か前下がりのショートボブスタイルをしていた時期もありますが、結局パーマスタイルに戻ってきてしまいます。
パーマの良いところというのは、なんといってもお手入れ(スタイリング)が簡単なところですね。
例えば朝寝ぐせができても、ちょっと水で濡らしてスタイリング剤をつけるだけでOKなので、とにかく時短です。
でもストレートだとそうはいきませんよね。以前ストレートだったときは寝ぐせができたときに直すのが大変でした。
また、テクニックいらずでおしゃれに見えるというのもポイントが高いです。
私は不器用なのであまりヘアアレンジが得意ではない(というか苦手)のですが、パーマをかけておけばクシャクシャとするだけでかわいい髪型に見えます。
なんだったらルーズな感じくらいのほうがおしゃれっぽく見えるくらいですよね。私のようなものぐさ女子(汗)にはぴったりです。
あと、ストレートだと髪の毛のツヤ感がないとかなり手抜きな印象がありますが、パーマであればそこまでツヤツヤでなくても大丈夫(と、私は思っています)なのも良いところ。
なんだか、こう書いていくと私がとにかく手抜きをしたいからこの髪型にしているようにも思えますが・・・でも、やはりこの忙しい現代社会、色々なことが時短で済むということはコスパの良いヘアスタイルだということが言えるのではないでしょうか?
もちろんパーマスタイルの良いところは他にもあります。
私は顔、特に顔の下半分が大きいので、髪の毛を結ぶヘアスタイルができないのですが(顔の大きさが強調されてしまう)、パーマスタイルだとうまくフェイスラインをカバーしてくれるのでその点も「パーマでなきゃ!」と思わせてくれるポイントです。
パーマのウェーブって、雰囲気全体を柔らかく女性らしく見せてくれるから、輪郭もほんのりとカバーしてくれるんですよね。
あと、パーマはパーマでも、私がボブ~ミディアムの長さにしているのは、多少髪が伸びてきてもごまかしが利くというのもあります。
ショートスタイルはある程度伸びたらカットしないと髪形が崩れてしまいますが、ボブからのミディアムであれば、サイドの髪だけを横にかけたりトップでまとめたりすればうまくごまかせるのです!私はこれでパーマをかける頻度を5ヶ月くらいにしています。
今後も当分、同じような髪型を続けていくと思います!